海外不動産支援(購入・賃貸管理・建物管理・進出支援)マレーシア/シンガポール

マレーシア不動産の管理

現地の賃貸管理をサポート

アジアの不動産は、せっかくキャピタル・ゲイン狙いで良物件を購入しても、「現地の管理会社の建物維持・管理の意識が低いために不動産の資産価値が下がってしまった」というケースが後を絶ちません。つまり不動産という資産を長期的に良好に保つためには、質の良い建物維持・管理が外せないファクターなのです。

Dualtap Building Management では、マレーシア不動産の資産価値向上を目指した管理を実現させるため2014年に創業し、オーナー様の住戸管理(賃貸管理・空室管理、売却サポート)に加えて、日系唯一の建物管理会社として、区分所有のコンドミニアムや商業施設等の管理組合から建物管理(共用部分の施設管理、セキュリティやクリーナー等のベンダーの監督、管理組合活動運営サポート、管理組合の会計業務等)を行っております。

賃貸管理

LEASING MANAGEMENT SERVICE

賃貸管理サービス

引き渡しから貸し出しまで

引き渡しから貸し出しまで
引き渡し時の状態

マレーシアのコンドミニアムは、完成時に日本と異なり照明器具やエアコン等の設備機器の無い状態で、引き渡されるケースが一般的です。
※住戸内の設備機器等がどこまで標準で設置されるかは、物件や個別の契約内容により異なります。

貸し出し準備

賃貸に出す際には、Fully Furnishedと呼ばれる「家具・家電付き」の状態で貸し出すケースが殆どで、テナントもFully Furnishedを条件として探している方が中心です。
従ってコンドミニアムの引き渡し後、貸出前にオーナー様ご負担で、Fully Furnishedの状態まで内装家具工事を行う必要があります。

WHAT WE SUPPORT
~私たちができること~

当社にて、内装家具工事のご提案を個別に行います。お気軽にお問い合わせください。
また、引渡し後に内覧検査を実施し、瑕疵のある部分をデベロッパーに補修して貰う必要がります。日本に比べれば施工精度や使用部材等の品質が劣ることから、きちんと精査し、補修工程の監理等、継続的にフォローアップする必要があります。コンドミニアムによっては補修期間が数カ月に及ぶこともあります。

賃貸管理 主要サービス

マレーシアの賃貸管理

テナント募集・契約業務

入居者募集のための広告業者との交渉、入居申し込み者との賃貸契約等の締結を行います。

マレーシアの賃貸管理

家賃徴収、管理組合管理費等の支払い代行

家賃徴収や滞納金の催促、契約金の代理受領を行います。

マレーシアの賃貸管理

修繕手配・賃借人への対応

物件の補修工事等の業者手配、賃借人の契約違反に対する注意・解約手続き等を行います。

マレーシアの賃貸管理

空室時の保守管理業務

物件が賃貸契約期間中に空室になった場合、維持・管理を行います。

テナント募集・契約業務

賃貸募集方法

マレーシアでは、テナントが賃貸物件を探す場合には、知り合いのエージェントやインターネットで気になる物件を掲載しているエージェントに頼んで、物件を探してもらうのが一般的です。日本のように路面の賃貸ショップが希望エリアにあって、そこで複数物件を紹介して貰うスタイルとは異なります。
弊社のテナント募集業務早期にテナント付けが達成できるよう、常にローカルエージェントと情報を開示し、積極的にネットへの掲載も行います。それでも、当地ではコンドミニアムの規模が大きく、同時に幾つもの住戸が賃貸に出される供給過剰状態になり、テナントが決まるまでに数カ月も要するケースも出てきます。

テナント候補が見つかった後

テナント候補が見つかった場合、オーナー様にテナントの概要とテナントの希望条件をお伝えします。オーナー様の了承後、賃貸借契約を締結します。
テナント希望で、追加の家具や家賃値下げ等の交渉が入る場合もございます。テナント契約時の仲介手数料はオーナー様負担です。

テナント入居中の管理業務

入金管理・未収金回収

マレーシアでは、日本に比べて賃料の入金遅延や未払い発生率が高く、毎月の入金管理をきちんと把握する必要があります。
万が一未払いが発生した場合、速やかに督促を行い、未収入金の早期回収に努めます。
未収金の回収が困難と判断した場合は、早期に立ち退き勧告し、未払いによる損害を最小に喰い止めます。

管理費等のお支払とお客様へのご入金

オーナー様のマレーシア口座に、管理費等の支払い経費を差引き後、送金いたします。

修繕の手配と賃借人への対応

建物や設備機器を原因とした水漏れやエアコンの効きが悪くなる等の苦情が、当地では頻繁に発生します。当社のエンジニアが立ち会い、対応いたします。

契約更新

テナントへ契約更新の意思確認、新契約書締結等の業務を行います。

退去後の対応業務

解約のお申し入れがあったら

テナントから解約の申し入れがあった場合、速やかにオーナー様へご報告いたします。
退去時は現地で立会し、鍵の受領、修繕箇所の確認、家賃及び水道光熱費の未払い金の確認を行い、報告書をオーナー様に提出します。

補修対応

修繕箇所は、通常使用で経年劣化等による物は、日本と同様オーナー様負担にて補修することになります。

敷金の清算

当社で預かっている敷金を未払い金の有無を確認後、テナントへ返金いたします。

空室管理業務

賃貸テナントが決まるまでの間、または自己使用の開始までの間に空室管理が必要な方は、空室管理業務を行います。
売却依頼をされた方の住戸も、空室期間の管理を行います。

1. 空室管理業務例内部確認、換気、水道開栓、簡易清掃、報告書提出(月1)

2. 郵便管理郵送物確認、保管、転送

3. 修繕工事報告、見積取得、発注・監理

4. 支払い業務管理費・水道光熱費・税金等の支払い、入出金明細提出(月1)

管理業務費用

賃貸管理業務

賃貸管理業務費用

コンドミニアム1住戸当たり
テナント月額賃料の8%
※但し賃料の8%が160rmに満たない場合は月額160rm(いずれもGST・SST別途)

預り金(契約時のみ、修繕費用等に用います。)

コンドミニアム1住戸当たり
5,000rm
空室管理業務のみ

賃貸管理業務費用

コンドミニアム1住戸当たり
160rm/月(GST・SST別途)から
※住戸面積、設備等により異なります。別途見積。
※当社に売却依頼された方で、成約まで3カ月以内の期間は無料。
3カ月以降、もしくは成約前に売却依頼を取り消した場合は、上記費用が発生します。

預り金(契約時のみ、修繕費用等に用います。)

コンドミニアム1住戸当たり
5,000rm
※預り金より管理費その他経費及び当社の管理費用を支払います。
ページのトップへ移動